放置は肌がキケン!完璧な日焼け止め対策のための基礎知識

強い紫外線を放つ太陽光の画像

出典:weheartit

夏でなければ大丈夫と思っている人が多い「日焼け止め対策」。実は年間を通して肌は紫外線を浴び続けています。

日焼け止め対策をしなければ無防備に紫外線のダメージを受け、シミ・シワをはじめとした老化の原因になります。

紫外線による肌老化を防ぐための「日焼け止め対策」の基礎知識をまとめました。

 

「日焼け」とはどんな状態?

日焼けで炎症を起こした女性の肌の画像

出典:weheartit

”皮膚が紫外線を浴びて炎症を起こした状態”のことです。

焼けてない白い肌をベースにすると、黒くなっているのは肌が炎症を起こしているわけです。

ただ皮膚の表面がこんがり黒くなるだけ、というイメージを持っている人も少なくありませんが”炎症”というだけあって肌にとっては深刻な問題。

浴びた紫外線の量は時間がたてば消えるものではなく、どんどん蓄積されていきます。

若いころに浴びた紫外線が、年齢を重ねてからシミ・シワなどの肌老化となって現れる見逃せないダメージなのです。

 

紫外線が強く「日焼け」しやすい時期

日焼けを作り出す紫外線は、夏だけでなく一年中降りそそいています。

そのため、通年で日焼け止め対策をする必要がありますが、中でも紫外線量が多い時期をしっかりとおさえておきたいところ。

年間の紫外線量の遷移を表したグラフ

出典:odecomart.com

紫外線が多い時期は4月~8月、秋冬もキケン!

1番紫外線量が多いのは5月ですが、その他も秋冬に比べ「1.5~2倍」の紫外線量があります。

ここで注目しておきたいのは、9月~3月の秋冬シーズンでも紫外線がじゅうぶん降っていること。

日焼け止め対策をしていないと、秋冬の時期でもピーク時の半分前後の紫外線をモロに受けることになります。

これが”日焼け止め対策は一年中するべき”理由です。

 

室内でも紫外線ダメージは受けている

太陽光の画像

出典:weheartit

  • 「外出のない室内仕事だから大丈夫」
  • 「家からほとんど出ない専業主婦だから大丈夫」

と思っている人もたくさんいますが、実は紫外線は部屋の中にも入ってきます。

外から降り注いでくる紫外線は、部屋の中で反射したり拡散したりして人の肌に当たっています。

窓際に座る人はもちろん、部屋のその他の場所であっても逃げ切ることはできません。

室内で過ごすことが多い人も万全の日焼け止め対策を行いましょう。

 

紫外線をシャットアウトするための日焼け止め対策

【基本編】日焼け止めの基礎知識と塗り方

ビーチで日焼けした女性の腹部の画像

出典:weheartit

紫外線には2種類ある

①「UV-A」

真皮(肌の奥)まで届く紫外線。シワを作る原因に。コラーゲンも破壊します。

「UV-A」に効果があるのは→【PA】(Protection Grade of UVA)

(※長期的に肌にダメージを蓄積させ、老化の原因にもなります。)

 

②「UV-B」

表皮(肌の表面)に届く紫外線。シミ、そばかすの原因に。

「UV-B」に効果があるのは→【SPF】(Sun Protection Factor)

(※短期間で肌へダメージを与え、直接的な日焼けの原因になります。)

引用:odecomart.com

蓄積型のダメージを与えるタイプと、短期・直接的に肌へダメージを与えるタイプにわかれています。

また、それぞれに対して有効な「PA」や「SPF」が登場しました。

日焼け止めに必ず書いてあるこれらのローマ字はとても重要な役割を果たしています。

具体的にどれくらいの数値のものを選べばいいのかもあわせてご紹介します。

 

「PA(UV-Aに効果)」のおすすめ値

PA+~PA++++までの4段階がありますが、室内で過ごす場合や散歩ジョギング程度であれば「PA+~PA++」でじゅうぶんカバーできます。

 

「SPF(UV-Bに効果)」のおすすめ値

日本で販売されている日焼け止めの多くは「SPF10~SPF50」までのものがほとんどです。

”SPF1の持続時間は20分”と言われ、「SPF30」なら約10時間持つことになります。

日常生活で使う場合は「SPF10~SPF30」程度の数値で問題ありません。

 

「PA」も「SPF」も不必要に強すぎる数値のものを常につけていると肌への大きな負担となります。

自分の紫外線を浴びる状況や浴びる時間を考えたジャストな数値選びが大切です。

 

日焼け止めの塗り方

500円玉大の日焼け止めクリームを手のひらに乗せた女性の手の画像

出典:weheartit

手に取る量は「500円玉」の大きさがおすすめです。

手にとったら塗り残しがないようスーッと伸ばしながらまんべんなくつけていきましょう。

顔に塗るときはパーツごとに点を作るようにちょこんと出して上から下へなじませます。

腕や脚などの大きく塗りやすいパーツは一本線のように出して塗っていくとムラが少なく済みます。

(使う日焼け止めごとに伸びる感じや推奨量が違うため最初にチェックしておきましょう。)

 

【室内編】部屋に入ってくる紫外線をブロックする方法

日光が入り込んでいる室内の画像

出典:weheartit

部屋でも避けることができない紫外線を避けるには大きく2つの方法があります。

1,手を抜かず室内でも日焼け止めを塗る

室内に入ってくる紫外線は外より少ないとはいえ、日焼け止めを塗っていなければそのまま浴びることになります。

1日室内にいる予定の日でも手を抜かずに日焼け止めをしっかり塗っておく行動が後々のお肌のダメージに強く影響します。

”紫外線は部屋の中にも入ってくる”ことを認識して「室内UVケア」のクセづけも徹底しましょう。

 

2,UVカットカーテン、UVカットフィルムで窓からの紫外線を軽減する

室内で紫外線を浴びない基本として、窓からの侵入をできるだけブロックすることが大切です。

大手の家具メーカーや通販の商品でもUVカット(紫外線カット)のカーテンはたくさん売られていますので、長時間いる部屋のカーテンを中心に変更するだけでも効果が見込めます。

一方でカーテンを開けている時間は窓から紫外線が入りっぱなしの危険な状態。

窓ガラス自体にもUVカット(紫外線カット)効果のあるフィルムを貼り付ければ一定量を安定してシャットアウトしてくれます。

一度取り付けてしまえば手間がかからない部分ですからぜひ変えてみましょう。

 

【応用編】長時間でも日焼け止めの効果を持続させる方法

日焼け止めをこまめに塗る女性の脚の画像

出典:weheartit

日焼け止めは水に対して完ぺきとは言えません。

1日の中では汗をかいたり手を洗ったりと”日焼け止めが流れ落ちる”瞬間が必ずあります。

その時点から落ちた部分の日焼け止め効果はほとんどなくなり、紫外線浴び放題の状態へと変化してしまうわけです。

気がついたタイミングでこまめに塗り直すことは、完ぺきな日焼け止め対策に必須のテクニック。

小さめタイプの日焼け止めは必ず携帯し、できれば2、3時間おきにチェックして塗りなおしましょう。

 

最後に

太陽光が降り注ぐビーチでポーズをとる女性の画像

出典:weheartit

日焼けをさせないための基礎知識と対策方法をご紹介してきました。

「アンチエイジング」を目指す女性にとって1番の大敵といえる日焼け。

一年中気が抜ける瞬間がないため、いかなる時期でも習慣にしておくことが重要です。

その積み重ねが年齢に負けない美白・抗老化といったアンチエイジング実現の第一歩になります。

慣れてしまえば難しいことではありませんので、ぜひ万全の日焼け止め対策を心がけてみてはいかがでしょうか?

 

おすすめ関連記事↓

【徹底解説】肌や体を老化させないアンチエイジングの全知識

サプリで最強のアンチエイジング!若返りに高い効果を持つ成分とは?

アンチエイジングの敵!肌老化を加速させる「糖化」を防ぐ方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る