ED(勃起不全・勃起障害)の正しい意味とは?原因・タイプ・治療法まで

EDに悩む男性の股間

「ED(勃起不全)」の意味とは?

「ED(勃起不全・勃起障害)」とは、まったく勃起しない状態だけでなく、途中で中折れしてしまったり最高潮の硬さにならないなど、正常時と同様のSEXができないなども含んだ状態のことを指します。

要するに、勃起障害により男性が望む満足なSEX(性交)ができない状態全般がED。

また、「ED」は英語の“Erectile Dysfunction”頭文字をとったものです。

 

「ED(勃起不全)」の割合

1998年の調査で、「ED」の日本人男性はおよそ1130万人にものぼるとわかりました。

この結果を年代別にすると、

  • 40歳代:5人に1人
  • 50歳代:2.5人に1人
  • 60歳代:1.7人に1人

となり、年齢が上がるとともにEDの割合が増えています。

50歳代以降の男性は本当にいつEDになってもおかしくないほどの高い割合です。

性交時に不満や違和感がある場合はうたぐってみる必要があります。

 

「ED(勃起不全)」の症状

  • 「まったく勃起できない」
  • 「勃起しても挿入すると小さくなってしまう(中折れ)」
  • 「勃起しても最高の硬さにならない」
  • 「挿入してそこそこ勃起を保てるのに射精はできずに萎える」
  • 「自慰(オナニー)では射精できてもSEXの時は射精できない」

など、“完全な状態で勃起し続け、射精までできる”以外はEDの可能性があると言えます。

“まったく勃起できない”重い症状以外も「ED」として認識することが重要です。

 

「ED(勃起不全)」の原因

現在では「ED」の原因は大きく分けて3種類あると考えられています。

1,「心因性ED」

その名の通り、精神的なストレスが原因で勃起不全に陥るのが「心因性ED」。

  • “今日の夜は絶対に最高のSEXをしなければ”
  • “そろそろ子作りを成功させなければ”
  • “仕事のプレッシャーがしんどすぎる”

など、満足なSEXへのプレッシャーだけでなく、仕事や生活環境のストレスなども原因になります。

精神的ストレスの原因は人それぞれ違い、30歳代前後の若い男性でも「心因性ED」になる可能性があります。

少し前までほとんどのEDがこの心因性だと言われていました。

 

2,「器質性ED」

こちらは“血管の動脈硬化”や“神経系障害”など、勃起に関連する器官の老化に伴うEDです。

中高年になってくると、血管などの老化は避けられません。

そのため特定の病気ではない方でも、スムーズに海綿体に血液が送られずEDになるケースがあります。

動脈硬化と密接に関わるため「生活習慣病」の男性は要注意です。

また、性的な興奮を脳から各器官に伝える働きは神経が担っています。

パーキンソン病や前立腺がん、または事故などで直接的に神経がダメージを受けると勃起に支障をきたす場合があります。

 

3,「薬剤性ED」

“服用している薬の副作用”によって引き起こされるのが「薬剤性ED」。

  • 降圧剤(高血圧)
  • 抗うつ剤
  • 抗精神病剤
  • 睡眠剤
  • 抗男性ホルモン剤

など、いくつもの薬剤が勃起不全の原因になり得ます。

病気のために必要あって服用している上、副作用として「ED」になる可能性があることを医師から聞かされていない場合もあります。

まったく意識しないままEDになることもある「薬剤性ED」には注意が必要です。

 

「ED(勃起不全)」の治療と対策

「器質性ED」の治療対策

現在、「ED(勃起不全)」には『ED治療薬』を服用する治療法が最も一般的です。

特定の疾患・症状がなければ、改善できる可能性はじゅうぶんあります。

特に「器質性ED」の場合には血管拡張による効果は大いに期待でき、少なくとも効果があるかどうかによって“EDの原因を切り分け”して判断することができます。

代表的な3種のED治療薬

  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

診断を受けた上で医師に処方してもらいましょう。

 

「心因性ED」の治療対策

「心因性ED」のみが勃起不全の原因である場合は、その精神的ストレスやトラウマなどを取り除く必要があるためなかなか一筋縄ではいきません。

ご自身で原因がわかっている時は、人間関係も含めひとつひとつ解決していくことになります。

自分で向き合うことが難しく感じる場合は無理せず「心理カウンセラー」などに相談するのもひとつの方法です。

 

「薬剤性ED」の治療対策

医師の判断で問題なければ「ED治療薬」を試し、その効果を見極めます。

服用中の薬の影響が考えられる場合は、医師の判断のもと常用薬を違う副作用のものへ変更することも対策のひとつになります。

いずれも信頼できる医師の判断が必要です。

 

「ED(勃起不全)」かな?と感じたらすぐ病院へ

このように一口に「ED」といってもその原因や治療方法はさまざま。

  • “精力剤や食事で治る”
  • “これくらいなら自分はEDではない”

こうした根拠の薄い自己判断は、ED回復を長引かせることにつながります。

 

現在では治療薬や診断基準の進歩もあり、「EDの早期治療」ができればより早く直すことも可能です。

夜の営みを楽しむ時間や男性の自信を早い段階で取り戻すためにも、EDの不安や不調を感じたらすぐに病院で診察を受けましょう。

 

 

◆勃起・ED・男性機能回復の関連記事はこちら↓

妻を求めない衝撃の理由!セックスレスの夫側の原因と対処法

絶対摂りたい!男性機能・勃起ED回復に効果のある成分5選

再認識!男性の「勃起」についての正しい知識と秘密

EDだけじゃない!「マカ」は原因不明の機能性不妊にも効果的

すっぽんと精力の関係って?どれくらいの効果があるの?

セックスレス夫婦は44%!驚くほど地味なその理由とは?

SEXしたい男性注目!効果の出るED改善薬・手術の最前線をご紹介

怖い!あなたの精子や男性機能を弱らせる食べ物

夜の精力が。。「勃起不全(ED)」に効果のある食べ物と原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る