夏は目の前。。気になる汗のこと考えてみよう!

汗の種類や対策について考えてみる

■汗かきの人におすすめの対策法

汗は体温調節をするために出るもので、人間の体にとって必要なものです。

しかし、汗っかきの人は、いつでもどこでも汗が出てしまって困る、衣類に汗の跡がつく、体臭がひどくなる……といった悩みを持っています。

そこで今回は、汗かきの人におすすめの対策法のお話をお届けします。

 

■汗はどうして出るのか?

運動をしたり、暑い日に外気に触れたりすると、体内で熱が発生します。そのときに汗は水分として熱を体外に放出することで体温を一定に保っているのです。

物を冷やすには水を使います。夏の暑い日に打ち水をすると涼しくなるのは、水が水蒸気に変わるときに熱のエネルギーをもらうからです。打ち水と同じことが体内で行われ、汗として出てきます。

 

■汗には2種類ある

汗は汗腺という腺から出てきます。この汗腺には2種類あって、まず1つはエクリン腺と呼ばれるもの。主に体温調節の働きがあって、ここから出る汗の99%以上は水分で、少量のナトリウムやアンモニアなどが含まれています。

もう1つはアポクリン腺と呼ばれるもので、これはわきの下や外陰部、頭など毛穴と同じ場所に存在するといわれています。ここから出る汗は塩分が少なく、たんぱく質や脂質、等質、アンモニアなどの成分が含まれています。このアポクリン腺から出る汗が、臭いの元になっています。

 

■汗かきの対策

体温調節のために出ている汗は、それほど臭いがきつくありません。その都度拭き取れば大丈夫です。また、体温を下げるのも効果的な方法のひとつです。例えば冷却ジェルシートを額に貼り付ける、クールマフラーを首に巻く、冷たいペットボトルを体に当てるなどをすると、すっと汗は引いていきます。

ただ、冷房の効きすぎた部屋で長時間過ごしていると、体温調節が出来にくい体になるので注意しましょう。

 

■汗をかきやすい体質

汗をかきやすいタイプの人の特徴は、運動をしていた人、肥満体型の人などがあります。

運動をすると体温が上昇し、汗をかきやすくなります。また、代謝がよくなるので、少し歩いただけでも汗をかいてしまいます。これは健康な証しなので、それほど気にしなくても大丈夫です。

一方、肥満の人は体全体に脂肪が多いため、体温が放出されにくい傾向にあります。そのために多く汗をかいて体温を下げようとするのです。健康のためにも肥満解消に努めましょう。

他には更年期障害でホルモンバランスの乱れから汗をかく事もあります。多汗症という病気もあるので、手が汗でぐっしょり濡れるとか、頭からしたたり落ちるほどの大量の汗が出る場合は、一度専門医を受診して下さい。

 

■汗かきの対策のまとめ

汗は体温調節のために必要なので、無理に抑えない方がいいということです。

ただ、アポクリン腺から出る汗は汗臭さを伴います。わき汗が多い人や、頭や首筋の汗が多い人は、食事内容を変えてみましょう。肉食や脂っこい食べ物、甘い物、清涼飲料水やお酒をよく飲む人は体液が酸性になり、汗の臭いがきつくなると言われています。

食事の改善とともにサプリメントを併用するといいですよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018年6月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る